業務用ビデオカメラなら機材屋で!ビデオカメラ撮影・編集機材の総合販売サイト
 お問い合わせは
  TEL⇒0773-63-1177
  FAX⇒0773-63-1156
メールはこちら
ご注文はこちら トップページご利用ガイド延長保証会社案内お問い合わせ
おすすめ特価品
 特価品/中古品

ビデオカメラ
 ソニー
 ビクター
 キヤノン
 パナソニック
 GoPro
 その他

レコーダー
 モニターレコーダー
 BD・HDDレコーダー
 その他

撮影周辺機材
 カメラサポート機材
 ドローン・ジンバル
 ズームリモコン
 電源・バッテリー
 レインジャケット
 キャリングケース
 ウインドジャマー
 照明機材
 モニタ
 メモリーカード
 ワイコン/テレコン
 マウントアダプター
 インカム
 スイッチャー
 ミキサー
 コンバーター
 ケーブル関連
 その他

オーディオ機材
 マイク
 ワイヤレスマイク
 オーディオその他

三脚・一脚
 リーベック
 ヴィンテン
 ザハトラー
 ダイワ
 マンフロット
 その他
 三脚アクセサリー

制作・編集
 オリジナル編集機
 動画編集ソフト
 DVD・BDコピー機
 素材CD

VC-1-SC Roland スキャンコンバータ
撮影周辺機材>コンバーター
VC-1-SC Roland スキャンコンバータ
限定特価¥119000(税込)
VC-1-SC Roland スキャンコンバータ  主な特徴
vc1sc vc1sc vc1sc vc1sc
↑クリックで拡大

3G/HD/SD-SDI、HDMI、RGB、コンポーネント、コンポジット対応

デジタル信号のSDI、HDMIの入出力はもちろん、RGB、コンポーネント、コンポジットの各種信号の入力にも対応。
さまざまなフォーマットを柔軟に変換することができます。
SDIは3G/HD/SDの各種フォーマットに対応。最大で1080pの高画質の入出力に対応します。
※ロスレス変換には非対応です。

3G/HD/SD-SDIとHDMIを同時出力
VC-1-SCは変換されたフォーマットをSDIとHDMIで同時出力。

多機能なスケーラー
VC-1-SCの搭載したスケーラーは、アップ/ダウン/クロス/スキャン・コンバート、フレームレート変換※、
I/P変換、アスペクト変換の各種処理がおこなえます。
※フレームレート変換はフレーム・リピート/スキップの簡易変換です。

リファレンス対応
リファレンスを入力すると、FSとして動作します。

過酷な現場での運用に耐える設計。堅牢性と放熱性も確保。
外装プレートには、厚さ2oのアルミ素材を採用するなど、随所に堅牢性を考慮したヘビーデューティー仕様です。
SDI端子、HDMI端子は本体ケースにネジ止め、オーディオ端子は、本体ケースにナットで固定し耐久性を向上させています。
各端子にはLEDの入出力インジケーターが配されており、信号状況を一目で確認可能。
また、放熱効率の良い設計により、長時間の連続使用を考慮、信頼性を追求しました。

ライブにも、編集システムへの組み込みにも対応するフォルム。
外装プレートのくぼみを利用して、三脚のステーなどにベルト類で固定させることが可能。ライブ時の快適な取り回しを実現します。
また、専用ラック・マウント・アダプター(別売品)に装着することで、編集室などのラックに固定させての常設運用にも対応します。

HDCP付きHDMI信号に対応。
VC-1シリーズは、HDCPに対応。HDCPを利用したシステムに容易に組み込むことができます。
例えば世界初のHDCPソース対応ビデオディレイ VC-1-DLでは、入力したHDCP付きHDMI信号を、
ディレイさせたりフレームシンクロナイズして、HDCP付きでHDMI出力、テレビやプロジェクターなどに入力できます。
※HDCP付きHDMI信号をSDI信号に変換できません。
※HDCP付きHDMI信号はHDMI対応の編集・録画機器で録画することはできません。
*2012年10月当社調べ。

音と映像を組み合わせたワークフローに対応。
オーディオ・エンベデッド機能およびオーディオ・ディエンベデッド機能を搭載(ch選択可能)。
オーディオ・エンベデッドでは、オーディオ信号を入力してSDIやHDMI出力に乗せることができます。
オーディオ・ディエンベデッドでは、SDI信号やHDMI信号の音声のみ出力することが可能です。
また、デジタル(AES/EBU)入出力に対応しているので、業務用音響機器のデジタル音声を入出力でき、
信号の受け渡しの際の劣化がない、高品質な音声システムを構築できます。
もちろんアナログ入出力にも対応しており、多種多様なオーディオ機器と音声が受け渡しできます。

現場ではディップスイッチでシンプルに。編集室ではPC接続で詳細に。
側面のディップスイッチをピンなどでスライドさせることで、変換の方向性などの設定が手軽に行えます。
また、PCとVC-1をUSBケーブルで接続し、PC操作で詳細に設定することも可能。
設定用のソフトウェアは、ローランド・ホームページからダウンロードできます。

VC-1-SC Roland スキャンコンバータ  関連ページ