業務用ビデオカメラなら機材屋で!ビデオカメラ撮影・編集機材の総合販売サイト
 お問い合わせは
  TEL⇒0773-63-1177
  FAX⇒0773-63-1156
メールはこちら
ご注文はこちら トップページご利用ガイド延長保証会社案内お問い合わせ
おすすめ特価品
 特価品/中古品

ビデオカメラ
 ソニー
 ビクター
 キヤノン
 パナソニック
 GoPro
 その他

レコーダー
 モニターレコーダー
 BD・HDDレコーダー
 その他

撮影周辺機材
 カメラサポート機材
 ドローン・ジンバル
 ズームリモコン
 電源・バッテリー
 レインジャケット
 キャリングケース
 ウインドジャマー
 照明機材
 モニタ
 メモリーカード
 ワイコン/テレコン
 マウントアダプター
 インカム
 スイッチャー
 ミキサー
 コンバーター
 ケーブル関連
 その他

オーディオ機材
 マイク
 ワイヤレスマイク
 オーディオその他

三脚・一脚
 リーベック
 ヴィンテン
 ザハトラー
 ダイワ
 マンフロット
 その他
 三脚アクセサリー

制作・編集
 オリジナル編集機
 動画編集ソフト
 DVD・BDコピー機
 素材CD

DJI Osmo 3軸ハンドヘルドジンバル
  ドローン・ジンバル>DJIジンバルカメラ ビデオカメラ>その他
DJI Osmo 3軸ハンドヘルドジンバル
限定特価¥67300(税込)
台数限定で
バッテリー、マイクプレゼント!
  DJI Osmo 3軸ハンドヘルドジンバル  主な特徴


*ご注意*DJI GO(スマートフォン用アプリ)に関しまして

スマートフォンの機種(特にAndroidの端末)によりましては、一部機能がご使用頂けない場合がございます。
ご注意ください。




*メーカー保証に関しまして*
弊社にてDJI OSMOをお買い求め頂いた場合、安心の国内正規品・メーカー保証一年付です。

 
※画像はイメージです

ブレのない滑らかな動き。振動することなく撮影できるアクションショット。動き回っても撮影できる映像。
どんなに動いてもカメラを水平に保つことができる最先端技術を搭載したDJI Osmoを使えば、
見たことのない映像や写真を撮ることができます。今までのカメラとは一線を画したOsmoを使って、
かつてないほど自由な撮影を楽しみましょう。

360°パノラマ撮影

オートマティック パノラマモードを使うことで、簡単に360°パノラマ撮影ができます。Osmoを頭上に掲げ、
シャッターボタンをタップすると、水平な状態を保ったままカメラが回り、撮影を開始します。
旅の思い出はスナップショットにおさめるだけでなく、スケール感のあるパノラマ画像でも残しましょう。

時の流れをとらえる
Osmoに搭載されているインテリジェント・タイムラプス撮影モードを使えば、
簡単に時間の流れを記録することができます。
香港の雑踏を移動するときやブラジルの密集した熱帯雨林を探検するとき、日常生活を記録する際も、
三脚なしでタイムラプス動画を全自動で滑らかに撮影することができます。
上級ユーザーの方は、Osmoをモーションコントロールシステムとして利用すると、
さらにクリエイティブなタイムラプス動画の撮影を行うこともできます

三脚なしでも可能な長時間露光の撮影
鮮明で生き生きとした長時間露光の撮影が、三脚なしでも可能です。
搭載されているスタビライズシステムによりカメラが安定し、最長2秒で静止画をフリーハンドで撮ることができます。
慣れればさらに長時間撮影できるようになります。
夜景を撮ったり、被写体の背景をぼやかしたり、思いのままの撮影が楽しめます。

高精度なスタビライズシステム
優れたカメラのスタビライズシステムで知られているDJIが、
その技術を手持ち型の小型カメラに 搭載したのがDJI Osmoです。カメラと 一体化した3軸スタビライズシステムが、
三方向の振動を制御することで振動やブレをきれいに取り除き、安定した映像を撮影することができます。
この技術が手持ち型のカメラに搭載されたのは初めてのことです。

思いのままの操作をあなたの手に
人間工学をもとにデザインされたOsmoのグリップには、握りやすく耐久性の高い素材が使用されており、
手のひらにぴったりフィットするように設計されています。
操作しやすい位置にボタンとコントローラーが配置されているので、親指一つで素早く必要な調整を行うことができます。

スマートフォンを同梱されているホルダーに装着すると、スマートフォンの画面で撮影中の映像をリアルタイムで
確認することができるので、通常のカメラと同じように調整してください。スマートフォンから操作することで、
Osmoの様々なインテリジェント撮影モードを利用することができます。

遠隔操作

全ての撮影モードは、スマートフォンにアプリDJI Goをインストールすることで遠隔操作することができます。
Osmoを三脚やその他のマウントに固定したら、少し離れた位置からでもカメラの調整が可能です。

完璧な映像
OsmoのZenmuse X3カメラにはスタビライズシステムが搭載されています。
1秒間に24/25/30fpsの4K動画を撮影できるので、大型スクリーン用の映像を撮影すること
ができます。また、今まではできなかったAdobe DNG RAW での12メガピクセルの静止画の撮影が可能になりました。

Osmoは最新のX5シリーズのカメラとも互換性がありますので、
マイクロフォーサーズセンサーの利点を余すところなく活かし、非常に安定した映像を撮影することもできるようになりました。

アクセサリー
Osmoはさまざまなマウントやエクステンションに取り付けることができるので、あらゆるシーンで利用することができます。
三脚を使用することでカメラはさらに安定し、長距離撮影を行うことが容易になります。バイク用カメラマウントを使用すれば
走行中の映像が撮影でき、拡張スティックを使うと今まで撮ることのできなかった新しいアングルからの撮影も可能になります。

インテリジェント・スリープモード
一定時間操作しないとOsmoは自動的にスリープモードに入ります。
使わない時間はスリープモードに入ることで、内蔵バッテリーの寿命を延ばすだけでなく、
内蔵されている精密部位を守ります。スリープモードからは素早く起動するので、撮りたい瞬間を逃すこともありません。

オーディオ機能
Osmoにはマイクが内蔵されているので音声も録音できます。ボリューム設定などの機能により、
映像だけでなく音声のコントロールも可能です。
標準の3.5mmプラグも使用可能なので、好きなマイクを接続することもできます。

【セット内容】
●OSMOハンドヘルドジンバル & X3カメラ × 1

●端末固定ホルダー × 1
●インテリジェントバッテリー × 1
●インテリジェントバッテリー専用充電器 × 1
●ケーブル × 1
●持ち運び用ケース × 1
●リストストラップ × 1
●ショルダーストラップ × 1
●マイクロSDカード × 1
●UVフィルター × 1
●レンズキャップ × 1
●ロゼット保護キャップ × 1

メンテナンス

各種セッティングにはに対応するモバイルデバイスが必要です。
製品のアップデート・設定の変更はインターネット利用可能なパソコンが必要です。
ソフトウェアご利用の際、メールアドレス(携帯アドレス不可)が必要です。

【別売アクセサリーもお問合せ下さい】


【予備バッテリー(別売)】

DJI Osmo NO.7 インテリジェントバッテリー



F&Q


OsmoのカメラとInspire 1のカメラとの違いは何ですか?
Osmoのカメラの機械構造は、手持ちで使用するために再設計されています。
3軸ジンバルの安定化およびロックが可能ですし、チルト軸モーターの方向も変更されました。
またカメラやジンバル内部にも小さな変更が多数あります。

OsmoにはNDフィルターが装備されていますか?
標準パッケージには、Inspire 1同様にUVフィルターのみが含まれています。
別売りアクセサリーとしてNDフィルターをご購入いただく必要があります。

ジンバルの設定や挙動はどのように変更できますか?
DJI Goアプリを使用してジンバルの設定や挙動を変更することができます。
Osmoの「カメラビュー」に入った後、「設定」→「ジンバル」に進みジンバルのプロフィールを変更し、
パン軸またはチルト軸のスムーズトラックをオンまたはオフにして、スムーズトラックのパラメータを調整してから
操作ボタンの設定を変更します。

ジンバルがロックモードにある時に、Osmoの電源を入れた場合はどうなりますか?
Osmoはカメラを作動させますが、ジンバルはスリープモードに留まります。
すべてのジンバルのモーターのロックを解除し、前部のトリガーを2回タップしてジンバルをウェイクアップさせるとOsmoは完全に起動します。

Inspire 1のカメラをOsmoで使用できますか?
はい。カメラをOsmoに取り付けた後、DJI Goアプリを使用してカメラを最新のファームウェアにアップデートしてください。
レンズをX5、X5Rにご変更の場合は、別売オプション(2015/11未発表)がご必要となりますのでお気を付け下さい。


動画の録画中にOsmoのバッテリーが消耗した場合はどうなりますか?
現在撮影中の動画は、一時ファイルとしてマイクロSDカードに保存されます。
動画ファイルを復元する場合、充電したバッテリーを挿入するとOsmoは自動的に復元プロセスを開始します。

Osmoを遠隔操作できる最大距離はどれくらいですか?
約25mです。

バッテリー一つでOsmoはどのくらい動作可能ですか?
動画の場合60分です。待機時間は6時間です。

バッテリー充電にどれくらいかかりますか?
60分です。

Osmoは防水ですか?
いいえ。いつもOsmoを乾いた布で拭いてください。

Osmoではどのようなアクセサリーが使用できますか?
現在、延長ロッド、ストレート拡張アーム、バイク用カメラマウント、
ユニバーサルアクセサリマウントおよび延長ロッドと使用する三脚があります。

DJI GOアプリというのは何ですか?またどこでダウンロードできますか?
DJI GOは、DJI製品と一緒に使用するためのiOSデバイスや
Androidデバイス用の使いやすいモバイルアプリケーションです。詳細については、http://www.dji.com/product/goappをご覧ください。

異なるパノラマモードをどのように使用するのですか?
写真撮影モードにあるアプリで、パノラマを選択すると、自動パノラマ、手動パノラマ、
自撮りパノラマおよび360度パノラマの4つのサブ機能が表示されます。サブ機能のいずれかを選択し、
カメラが初期位置に移動するのを待ってから写真の構図を決め、アプリかハンドルのいずれかでシャッターボタンを押します。
自動パノラマと360度パノラマの場合、Osmoを静止させた状態に保つだけで、Osmoは自動的にカメラを回転させ写真を撮ります。
手動パノラマの場合、カメラが360度写真を撮影し終わるまでそれぞれの写真をいつ取り始めるのかを決めることができます。
自撮りパノラマの場合、カメラの初期位置はOsmoを持っている撮影者の方を向いており、
シャッターをクリックするとカメラが始動し、撮影者を写真の真ん中にして自動的に180度写真を撮ります。
DJI Goの再生で完成したパノラマ写真を確認することができ、またSDカード内の別のフォルダーでパノラマを合成する
個々の写真も確認することができます。

長時間露光モードはどのように使用しますか?
露光時間が長いAKA低速シャッタースピードは、アプリの左側のシャッターの下にある4つ目のアイコンで設定できます。
最初にSモードかMモードを選択してから、それに応じてシャッタースピードを変更することができます。

撮影後自分のパノラマ写真をDJI GOアプリで確認できますか?
はい、張り合わせ写真を確認できます。個々の写真もカメラ内のマイクロSDカードに保存されています。

Osmoが動画を撮影している間に、アプリを終了しモバイルデバイスを取り外すことはできますか?
はい、動画の撮影中いつでもでもできますし、カメラは撮影を続けます。

アプリを使用してカメラを操作できますか?
はい、DJI GOアプリで(パノラマ、マルチショット、インターバル、タイムラプス等の)様々な撮影モードを選択することができます。
また、カメラの設定も変更することができます。


DJI Osmo 3軸ハンドヘルドジンバル  関連ページ
OSMO Mobile nebula4200 Lite nebula4200
5axis
nebula4000 Lite FY-G4 QD
 
Wenpod SP1+ Wenpod GP1+ Wenpod X1 Wenpod MD2 iFootageE-ジンバル